ペーマガ

・ベース始めたてで早く上手くなりたい人の味方 ・友達がいなかった高校生時代→2年間ベースを独学で学び依頼が貰えるように... ・ベースの上達方法を発信しています・

これを見れば解決!?ベースの弾き方!

こんにちは
ベース初心者の味方ぺるち(@perutihome)です

 

「弾き方が分からない・・・」

 

「自分の弾き方合っているのか心配」

困る男性のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

 

そんな人のために今回は

 

「演奏時のフォーム」

 

についてまとめていきます!

 

しっかりとした演奏フォームを身に着けることができれば、手を負傷する確率が下がり、余裕を持って演奏することができます!

 

なので無意識に綺麗なフォームになるように勉強してみましょう!

がんばろう」の文字イラスト - イラストの里

弾き方が分からない

まず弾き方が分からないという点があると思います

 

実は弾き方って決まってないので好きなように弾いていいんです

 

好き!のイラスト – 【てがきですのβ】かわいい・ゆるい無料イラスト

 

ただ、一般的なもの以外何かしら理由があるので

 

正しい弾き方を知りたいですよね?

 

ベースはあまりエフェクターを使わないことから弾き方で音が大きく変わるので勉強していきましょう!

左手の扱い方(ネックの握り方)

1.ロックスタイル

まずロックスタイルですね

 

ロックスタイルと言ってもロック専用って訳ではないです笑笑

f:id:peruti0210:20201101233249j:plain

写真のように握り込んで演奏スタイルです!

 

このスタイルは余分な音を鳴らさないようにすることができ、楽に演奏することができます!

 

このスタイルは握り込むので激しい動きはできないと言われてるんですけど、全てこれで弾くベーシストもいらっしゃいます!!

2.クラシックスタイル 

次にラシックスタイルですね

f:id:peruti0210:20201101233256j:plain

写真のように親指をネックに立てて演奏するスタイルです!

 

このスタイルは親指以外全て空いているので自由に弾けるので、早く弾くこともできますし、動きの早いフレーズにも対応することもできます!

 

ほとんどのベーシストがこのスタイルで演奏しています!

 

なんと言っても動きの早いものを自由に弾けるという点がメリットすぎます!

 

親指の位置、フォームを自分にあったものにしないと腱鞘炎になったり、辛かったりすることがあるので注意ですね・・・初心者の関門です

 

どちらの演奏スタイルにおいても鉄の棒をフレットというんですけどすぐ近くで押さえるようにしましょう!

 

安定した良い音が出ます!

 

ここは絶対というくらい意識したほうがいいですね!

右手の使い方(弾き方)

 ここから一番気になるベースの弾き方について説明していきます!

1.指弾き

指弾きは一般的な弾き方です

 

指の腹で弾くため、やわらかい音を出すことができます!

 

自分の指で演奏することができるで、音の強弱や細かいニュアンスと調整することができます

立ったコアラ のイラスト | かわいいフリー素材が無料のイラストレイン

 

また弾く位置で音を変えることができます!

 

ネック近くだと柔らかい音、反対にリア側だと硬い音を出すことができます!

 

-弾き方-

指弾きは基本ツーフィンガー奏法と呼ばれるもので弾きます

 

指弾きのポイントは力を抜いて弾くことです!

 

弦を弾いた後に他の弦に触れるため自然に余分な音を無くすことができます

 

f:id:peruti0210:20201123223004j:plain

 

2.ピック弾き

硬いピックで弦を弾くために硬くて歯切れの良い音を出すことができます!

 

ピックの素材や硬さで音を変えることができます!

 

-弾き方-

まず、人差し指と親指でピックを挟んでピックを持ちます

 

指先だけでなく、手首を動かして演奏します!

 

リラックスして演奏するとすごく良い感じに弾けます!

 

手首を使うこと良い演奏ができるので心がけてください!!

f:id:peruti0210:20201123223128j:plain

 

3.スラップ

これはみなさんの好きな弾き方ですよね

 

親指で弦を叩き、人差し指と中指で弾くため力強い低音と高音で歯切れの良い音を出すことができます!

 

-フリースタイル-

親指を下にして演奏するスタイルです

 

見た目もかっこよくて、高速に弾くことができるのでライブに使うと凄くかっこいいです!

f:id:peruti0210:20201123223442j:plain

-振り抜きスタイル-

親指を弦に対して平行に弾く方法です

 

この奏法は上のフリースタイルに対して安定して演奏することができ、テクニカルな奏法もすることができます

f:id:peruti0210:20201123223356j:plain

4.タッピング

タッピングは弦を弾くのではなく、指板の上にある弦を叩く弾き方です!

 

タッピングは叩いた瞬間だけ鳴るので短く鳴るのが特徴です!

 

叩くと音を出すことができるので他の弾き方ではできないようなフレーズを演奏することができます!

f:id:peruti0210:20201123223224j:plain

まとめ

 ここまでネックの持ち方、様々なベースの演奏の仕方について説明してきました

 

ベースは弾き方次第で音と表情を変えることのできる深い楽器です

 

目立つ場面は少ないかもしれないですが楽しめることは沢山あります

 

様々な演奏の方法正しいフォーム楽しく演奏していきましょう!

 

ありがとうございました